スポンサードリンク

プログラミングを学んだ効果を出すには、どうしたらいいのか?

プログラミングやデータベースの知識は、ただ習得するだけではダメで、実際に使わないと、効果が出ません。

今回は、「プログラミング言語や、データベースの基礎は理解したが、なかなか効果が出ない。」という人にぜひ読んで欲しい内容です。

知識というのは、知っているだけでは、ただの物知りで終わってしまいます。

大事なことなので、何度も書きますが、「実際に使わないと、効果が出ません。」

プログラミングを仕事に活かさないと、効果が出ないのは当然です。

何か目的があって、プログラミングの学習を始めた人は、話が早いです。

作りたいシステムが明確なはずなので、そのシステムを開発するのが、一番近道です。

問題は、特に作りたいものがなくて、とりあえずスキルアップのためにプログラミングを習得した人です。

せっかくプログラミング言語やデータベースを習得したのに、使わないのはもったいないです。

それに知識は、使わないと忘れてしまいます。

そのため、日頃から「何か自動化できるものはないか?」と考える姿勢が重要です。

あなたの身の回りの仕事で、プログラミングで自動化できるものを探してください。

もし自分自身で見付からなければ、

職場の人に、「パソコンで何か困っていることない?」とか、「システムを作りましょうか?」と聞いてみるのも良いでしょう。

他の人の仕事が、効率的になったり、楽になると、感謝されます。

同時に、あなたのシステム開発のスキルも向上しますから、まさに一石二鳥です。

業務システムを開発すれば、その業務に対する知識も深まります。

また、プログラミングのスキルは、今やビジネスはもちろんプライベートでも活用する人が増えています。

詳しくは、以下の無料講座で説明しているので、よかったらご覧ください。
仕事が楽しくなるプログラミング入門講座

また、以下の無料講座もオススメです。
メール送信・受信プログラミング初心者入門(Excel版)

メールソフトは、ビジネスやプライベートで、最も利用することが多いソフトウェアです。

作れば直ぐに活用できます。

VBAのプログラミングの知識も身に付きます。

スポンサードリンク










プログラミング初心者入門講座TOPへ