スポンサードリンク



社員全員がプログラミングを習得するコツとは?

プログラミングを習得し、システム開発が出来る社員が増えると、会社が変わります。

業務が効率化するのはもちろん、プログラマーの視点で業務の改善点が見えるからです。

今回は、「社員全員がプログラミングを習得できる方法」の続きです。

まだの方は、先にご覧ください。

前回に紹介した方法で、まるで核分裂のように、プログラミングができる社員が増えます。

一度学習の流れを作ってしまえば、あとは社員同士で教えあうことで、自然に増えていきます。

社員全員がプログラミングを習得することも、十分可能です。

しかしこの方法で学ぶ時には、ルールと言うか、いくつか注意点があります。

特に「伝言ゲームの罠」に陥らないように、気を付ける必要があります。


(1)教える内容を統一する
この方法では、教える人が下手だと、後半に行くほど意味が変わってしまいます。

例えば伝言ゲームでは、最初と最後で大きく意味が違いますよね。

伝言ゲームと同じことが起きてしまいます。

自称「できる人」は、つい自己流で教えてしまいがちですが、それでは最後まで伝わらないので、注意してください。

また、パソコンが得意な人から順番に学んでいくので、後になるほど正確に伝わらない可能性があります。

そのため、教える内容を統一する必要があります。

解決方法は、とても簡単で、最初の社員と同じように、この無料講座で学んでもらうだけです。

そして、わからない部分だけ、前の社員に教えてもらうようにします。

すると最後の人まで、意味がちゃんと伝わります。学習の質が保てます。

分からない部分だけを教えることで、メリットもあります。

教える側の社員の手間が省けるので、普段の業務への影響も少なくなります。

私が作った講座も完璧ではありません。

OSの変化やアプリケーションソフトのバージョンアップなどで、手順や画面が変わってしまうこともあります。

もしかしたらプログラミング初心者は、戸惑うことがあるかも知れません。

そんな時に、先に学んだ人が身近にいると、とても安心して学べます。

既に経験しているので、「ここはこうするんだよ」と、的確に教えてあげることができます。


(2)最初で教える順番を公開しておく
この方法では、事前に社員をパソコンが得意な順番に、一覧表で並べておきます。

年齢、性別、役職は、一切関係ありません。

パソコンが得意な順番に並べるのには、理由があります。

パソコンが得意な人は、自分より出来ない人から教えてもらうことに、抵抗感があるからです。

「本当か?」と疑心暗鬼では、学習が上手く行きません。

できれば最初で教える順番を、公開しておくとよいでしょう。

通常、会社では業務を「先輩 → 後輩」に教えることが多いです。

先輩社員がわからないことを、後輩社員に聞くのは恥ずかしいので、「後輩 → 先輩」という流れが、なかなかありません。

しかしプログラミングやデータベースは、みんな初めてだと思います。

だから先輩も恥ずかしがらずに後輩に聞ける、良いチャンスです。

これをキッカケに、わからないことがあれば(特にIT関連)、いつでも後輩に教えてもらう環境を作りましょう。

後輩も先輩に教えることが出来る、良いチャンスです。

先輩は「後輩から教えてもらうこともあるんだ」と事前にわかっていると、

日常の業務でも後輩に優しく教えてあげられます。

互いに助け合う関係が必要だからです。

この仕組みは、若手社員のアイデアを取り入れやすいので、企業の活性化にもなります。

新入社員や若手社員の視点で、業務の改善点を見付けることができます。

企業で長く働いている先輩社員には、盲点があります。

常識だと思っていたことが、実は間違っていることもたくさんあります。

若手社員達の意見が、ビジネスに反映されるようになれば、社内での風通しが良くなります。

また、縦横のつながりが密接になります。


(3)教える人が分からない時は?
もし教える側の社員が分からない時は、その前の段階の社員に尋ねます。

それでもわからなければ、さらに上へと戻ります。

通常の流れ
A → B → C → D

わからない時の流れ
A ← B ← C ← D

最終的には、最初に学んだ社員まで戻るはずです。

これは教えることに責任を持ってもらうためです。

最後には、私に聞いてください(笑)

この時、注意するのは、

もし「Dさん」がわからない場合、「Cさん」を飛ばして「Bさん」に直接聞かないことです。

教えてもらう時は、「DさんとCさん」が一緒に「Bさん」から習います。

そうしないと、誰が何を知らないのかが、わからなくなるからです。


(4)グループを分ける
2つのグループに分けることで、人間関係を考慮したり、グループで競争させることもできます。

A → B → C → D ・・・
A´→ B´→ C´→ D´・・・

基本的には、パソコンが得意な順番ですが、人間関係は、多少考慮しても良いと思います。

仲が悪い人が並ぶと、プログラミングの学習の流れが止まるためです。

そのため、2つのグループに分けると、調整がしやすいので便利です。


(5)人数が多い時は
人数の少ない会社なら、1~2グループで十分足ります。

1人が2人に教えると、10段階目では、なんと1,024人になります。

2グループなら、その2倍です。

普通の会社なら、これくらいで十分だと思います。

社員数が多い場合は、部署ごとに分けてグループ化しても良いでしょう。

そのほうが仕事の調整がしやすいかもしれません。

ただその場合は、部署を横断した画期的なアイデアは出難くなります。

せっかくの機会なので、部署を越えたプログラミングの学習をオススメします。


スポンサードリンク










プログラミング初心者入門講座TOPへ