スポンサードリンク

プログラミング 社内プログラマーを育成する方法について。

プログラミングが出来る社員が、社内や部署に一人いると、ビジネスの効率や生産性が、飛躍的に向上します。

現在は、パソコンを使って仕事をすることが、普通になっています。

パソコンの普及で、だいぶ仕事が効率化されてきました。

でも、プログラミングが出来れば、もっと自動化できる部分が、まだまだ沢山あります。

プログラミングが出来る出来ないかは、

ズバリ!「手作業かパソコンか」程の違いがあります。

「こんなこと出来ないかな?」と思った時に、

すぐ近くに、業務システムを試作できる人がいると、かなり重宝します。

社内でプログラミングの教育をすることは、とても効率の良い投資でもあります。

そこで今回は、プログラミングが出来る人材を、社内に一人は育てる方法について説明します。

プログラマーをわざわざ雇うのではなく、今いる社員や新入社員に、プログラミングを学んで、スキルアップしてもらうのがコツです。

普段は一般の社員と同じように働きます。

社内で要望が出たり、社員自身が必要だと感じた時に、すぐにプログラミングができる人材を育成しましょう。

つまり一般業務もできる「社内プログラマー」を育てます。

社員は既に業務については熟知しています。

あとは、プログラミングのノウハウさえ身に付ければ、鬼に金棒です。


(1)あなたが社員の場合
あなたが若手社員なら、自分自身が社内プログラマーになるのが一番です。

社内プログラマーに必要なのは、業務システムが作れることです。

そのために必要なプログラミングの知識や、データベースの知識は、当講座の「関連講座」で無料公開しています。

やる気さえあれば、誰でも無料でプログラミングを学ぶことができます。

今やっている仕事にプラスして、プログラミングのノウハウを身に付けると、付加価値になります。

プログラミングが出来ると、仕事の時間を短縮して効率化したり、ミスを減らすことができます。

また営業なら、プログラミングをマーケティング(集客、販売促進、分析)に活かせます。

企画なら、システム的にいくらでもアイデアを出せるようになります。

だからプログラミングを学ぶことに、部署は関係ありません。


(2)あなたが管理職の場合
もしあなたが中高年の管理職なら、部下にプログラミングを学んでもらうとよいでしょう。

もちろんあなた自身が、プログラミングできるようになることが一番ですが。

あなた自身がプログラミングできなくても、あなたのアイデアを形にできる部下がいれば良いわけです。

その場合は、すぐに会社を辞めない部下を、「2人以上」選ぶことです。

プログラミングの学習は、1人だと挫折しやすいです。

2人以上だと、お互いに教えあうことができるし、励ましあえます。

それに皆で楽しく学んだほうが、プログラミングの習得が速くなるからです。

また、誰かが会社を止めた時にも、社内プログラマーが複数いれば、システムが維持できるし、メンテナンスもできます。

1人だと、その人が辞めてしまうと、システムがメンテナンスできなくなる可能性もあるので、ご注意ください。


(3)あなたが経営者の場合
理想的には、全ての社員がプログラミングの知識を習得することです。

それが難しいなら、せめて社内や部署に一人のプログラマーを育成してはどうでしょうか?

社内にプログラミングができる人材が増えるということは、業務が効率化するということです。

最終的には、コスト削減、売上アップなどの効果が期待できます。

コストが削減できれば、商品価格にも反映できるので、あなたの会社の顧客にとってもメリットがあります。

プログラミングをマーケティングに活用すれば、売上アップも可能です。

きっと同業種との差別化や、競争力アップになるでしょう。

もし私がその会社の経営者なら、

新入社員の社員研修で、プログラミングとデータベースの基礎知識を必須にします。

プログラミングによって、新入社員の今後の生産性が向上することを考えると、一番効率的なスキルアップになるからです。

入社前に、自宅で学習してもらっても良いでしょう。

実際に経営者から、そのようなご相談を受けたことがあります。

新入社員なら、まだ会社に染まっていないので、「仕事はこんなものなんだ」と、抵抗感無く受け入れてくれます。

それに新入社員の視点から、会社の業務の無駄を見付けてくれるキッカケにもなります。

業務の無駄は、仕事に慣れてしまうと、なかなか気付かなくなります。

新入社員の視点というのは、けっこう大事なものなのです。

会社の宝だと思ってください。

既存の社員は、もちろん業務に詳しいので、プログラミングの知識を身に付けてもらえば、業務システムが自社開発できるようになります。

長期間で考えると、自社開発できるメリットは、相当な金額になります。

システムの修正や、機能追加もすぐにできます。

また、会社の業務に慣れている中堅以降の社員に、「プログラミングを学べ」と言っても抵抗があると思います。

そのため、社員のメリットになるような制度を、何か用意しておくとよいでしょう。

社内教育でプログラミングを学んでもらうのに、新たな投資は必要ありません。

この講座の関連講座で、無料公開しているからです。

経営者の判断として必要なのは、社員にプログラミングを学ばせる機会や、時間を作ってあげることです。

そして社員の努力を、適切に評価してあげることです。


スポンサードリンク










プログラミング初心者入門講座TOPへ