スポンサードリンク

あなたの仕事を効率化するためには、社内プログラマーの育成が近道です。

プログラミングで、あなたの会社の仕事を、もっと効率的にしたり、ビジネスの生産性を上げることは、十分可能です。

そのためには、プログラミングが出来る人材を、社内に一人は育てることが近道です。

あなたが若手なら、自分自身がその人材になってもいいし、管理職なら部下にプログラミングを学んでもらうとよいでしょう。

数人程度の小さな会社なら、プログラミングができる人は、一人でも十分効果があります。

大きな会社なら、部署に一人くらいいると、かなり重宝します。

プログラミングといっても、ソフトウェア開発会社で働くような、プロのプログラマーほどの技術力は、必要ありません。

普段仕事を行なっている時に、「こういうのがあれば便利だな」というな、簡単なシステムを作れる人材が、すぐ近くにいると便利だということです。

つまり、ソフトウェア開発会社に外注するほどではない、プロトタイプ(試作モデル)的なシステムが狙い目です。

ちょっとしたシステムでも、仕事が数倍〜数十倍以上も効率化することはよくあります。

普通は一般の社員と同じように働き、必要な時にプログラミングができる人材を育成することが目標です。

一般業務もできる「社内プログラマー」といってもいいかもしれません。

今やっている業務に、プログラミングのスキルをプラスするイメージです。

・事務 + プログラミング
・営業 + プログラミング
・企画 + プログラミング

事務は、システム化できることが多い分野です。

プログラミングで、時間短縮、効率的になる、ミスが減る、コスト削減などの効果が期待できます。

営業ならマーケティングの中で、いくらでも活用できます。今では集客、販売促進、分析にもプログラムが力を発揮するからです。

あなたは「企画とプログラムはどんな関係があるの?」と思うかもしれません。

しかしプログラムは、どんなことにも活用できます。

実はプログラムを使うと、アイデアは無限に出てきます。これについては、別の機会に詳しく説明したいと思います。

以上のように、プログラミングが出来る人が、職場に一人でもいると、仕事が劇的に効率化し、部署の生産性が上がります。

したがって普通の会社でも、社内教育でプログラミングを教えることは、ビジネスの生産性を上げる意味でも重要です。

それに社内プログラマーを育てるのは、それほど難しくありません。

社員なら業務は既に理解しているので、あとはプログラミングの知識を少しプラスすればよいだけだからです。

プログラミングやデータベースに関する知識は、既に関連講座を用意しているので、会社でも自宅でも学べます。

集中して学べば、社内で使うような小さなシステムなら、数か月でプログラミングができるようになります。

また、仕事にプログラミングを活かす方法については、専用に以下のメルマガを準備したので、ご覧ください。

仕事が楽しくなるプログラミング入門講座

私が書いているので、この講座と内容が重複することが多々あります。でも何度も書いているのは、それだけ重要なことです。

ぜひプログラミングをあなたの仕事に活かしてください。

スポンサードリンク










プログラミング初心者入門講座TOPへ