スポンサードリンク

積極的な休憩で、プログラミングの効率をアップさせる方法。

プログラミング は、集中している時には、時間を忘れるくらい一気に進みます。

逆に集中できない時は、まったく進みません。何時間パソコンの前で粘っても、良いアイデアは出てきません。

そんな時は、「積極的な休憩」、「創造的な休憩」が効果的です。

最近、某テレビ番組で取り上げられていたのですが、脳は体全体のエネルギーの 20% 以上も消費するらしいです。

勉強すると、ダイエットにも効果がある程だとか。

また脳をフル回転させる同時通訳者は、脳のエネルギーとして、糖分の補給が欠かせないということでした。(チョコレートなど)

私達は、普段意識することはありませんが、脳は想像以上に働いているのです。

だから集中できる時間にも限界があります。

疲れた脳のためには、エネルギーの補給として食事が必要だし、休憩も大事なのです。

よく「昼食抜きで頑張った」ということがありますが、実はちゃんと食べたほうが、生産性はいいのです。

昼食で節約できる時間など、たかが知れています。それに食事を抜くと、脳の働きが落ちます。

したがって、その後の効率を考えると、食事は決まった時間に食べるのが一番です。

また「休憩」というと、仕事や学習とは対極のイメージがあります。何だか「怠けている」という感じがします。

でも、仕事や学習の効率を上げるには、休憩しないとダメなのです。

休憩を脳のためにも大事な時間として捉え、むしろ積極的に利用することで、プログラミングの効率が上がります。

世界的に有名なIT企業のオフィスに、遊び道具が多いことや、海が近くにあって気分転換にすぐサーフィンができたりするのも、ちゃんと根拠があってのことだと思います。


■アイデアを出すための休憩
意外と別の作業をしていると、プログラミングの解決方法を思い付いたりするものです。

・散歩をする
・食事をする
・テレビやビデオを見る
・読書をする

以前にNHKの番組で、脳科学者の茂木健一郎さんが、「脳は感覚的な刺激があったほうが、思考に集中できる」というようなことを、話していました。

人間は、思考だけに集中しようとすると、つい余計なことを考えてしまいます。

逆に体が何らかの刺激を受けている状態のほうが、雑念が入り難く、思考に集中できるのです。

一番良いのは散歩で、普段の通勤・通学路が適しているとのことです。

ポイントは、毎日行なっている行動で、その行動自体は、考えなくても自然にできる事が良いそうです。

その一つが散歩です。

散歩は、視覚や聴覚などの五感を刺激しますが、いつもの道を歩くという行動自体は、あまり意識しなくてもできます。

すると脳は思考に集中できるのです。


■褒美としての休憩
以前にメルマガ(プログラミング入門)でも似たようなことを書きましたが、「テレビを見たい」とか「メールを見たい」といった、「○○したい」という欲求を、自分への褒美にすることで、行動を促すことができます。

また、15分くらいの短い休憩でも、十分褒美になります。

アメリカでは、目標を達成したら、早く帰れるという仕組みで、仕事の効率が良くなっている会社があるそうです。


このような「積極的な休憩」や「創造的な休憩」を、会社で行なうには、社長や上司の理解が必要です。

あなたなら、次のどちらがいいですか?
・休暇が多いけれど、仕事の成果は出ている職場
・休日が少なく、残業も多いけれど、成果が出ない職場

もちろん前者のほうがいいですよね。

業績が良い研究開発型の会社の中には、年休の消化を義務付けているところがあります。

なぜなら、経営者が「充実した休日が、いい仕事につながる」ことを知っているからです。

年休と週休を合わせると、週休3日になることも多いのだとか。でも成果はしっかり出しています。

休日の遊びの中で、仕事のアイデアが閃くことも多いそうです。

あなたが今勤めている会社では、積極的に休憩することが難しいかもしれません。

でも自宅でプログラミングの学習をする時などに、休憩を積極的に取り入れてみてはどうでしょうか?

きっとプログラミングの効率がアップしますよ。

スポンサードリンク










プログラミング初心者入門講座TOPへ