スポンサードリンク

プログラミング あなたは「ユーザー」であると同時に、「開発者」でもある。

前回は「プログラミング の学習が、家づくりに似ている」という内容の話をしました。

今回はもう一歩踏み込んで考えてみたいと思います。

確かにプログラミングは、家づくりと共通する部分も多く、ヒントになる部分がたくさんあります。何かを作るということは、どんな分野でも、本質は同じなのかもしれません。

でもプログラミングの学習が、家づくりと違う点は、あなたは「ユーザー」であると同時に、「開発者」でもあるということです。

*ユーザー(user)とは、利用者のこと

これを家づくりで例えるなら、あなたは施主(お客様)であると同時に、施工業者(工務店や大工さん)の立場でもあるわけです。

普通は施主と施工業者は別々ですよね。自分の家を自分で作れる人は、そう多くありません。1人で家を作るのは大変です。

しかしプログラミングの世界では、自分で使うシステムを、自分で作ることが、比較的簡単にできます。パソコン1台あれば、あなた1人でも可能です。

もちろん大勢で行なう、大規模なプログラミングもありますが、この講座は初心者向けなので省きます。

プログラミングを教えていると、

「プログラミングの基本は理解できるが、いざ何かプログラミングしようと思っても、できない。」

というメールをいただくことがあります。

プログラミングの入門書が理解できたからといって、すぐにシステムが作れるようになるわけではありません。

中にはすぐに応用できる、優秀な人もいますが、普通の人はできません。あなただけではないので、安心してください。

プログラミングの入門書というのは、基礎がわかる状態です。

家づくりで言うと、外壁や窓、ドア、照明など、それぞれの部品の役割は、理解できるという段階です。道具の使い方もとりあえずわかっています。

でも初心者に「それでは家を作ってください」と言っても、なかなか作れるものではありません。

何故なら、家づくりの『経験』が無いからです。足りないのは、知識ではなく経験です。

初心者は、何から初めていいのかわかりません。全体像をイメージすることもできません。また、たくさんある部品の中から、どれを選んでよいのかもわかりません。

しかし初心者でも、設計図を用意してもらい、必要な部品を全て選んでもらって、少しずつ一緒に作ってくれる人がいたら、できると思いませんか?

しかもワンステップごとに解説付きで。さらに、わからないところがあれば、質問できるとしたらどうでしょう。

誰でも作れるような気がしますよね。

それをプログラミングの学習に取り入れたのが、私が公開しているプログラミング講座です。システム開発の基礎が、一通り学べるように工夫しています。

だから誰でもプログラミングできるようになるのです。

プログラミングは、一度システムを完成させる経験をすれは、二回目からは、自分で作れるようになります。

なぜなら、必要な部品(クラスや関数)の探し方がわかるようになり、道具(命令)の使い方もわかってくるからです。

あとは目的に合わせて、プログラムを組み立てるだけです。

ユーザーであると同時に、開発者でもあるメリットは、システムの改良が簡単にできることです。

あなたが思い付いたことを、すぐに自分で試せるメリットは大きいです。自分で改良できれば、コストはかかりません。

スポンサードリンク










プログラミング初心者入門講座TOPへ