スポンサードリンク

プログラミングの学習を、家づくりに例えて、身近に感じてみましょう。

プログラミング を学習する時のコツや考え方は、何となく「家づくり」に似ているところがあります。

そこで今回は、家づくりという身近な例えを使って、プログラミングの学習を考えてみましょう。

プログラミングが、特別なものではないことを、感じていただけたら幸いです。

一見プログラミングと関係ないように思えますが、プログラミング習得のヒントが、たくさんあります。

新築一戸建てを建築した経験のある人は、イメージしやすいと思います。もちろん顧客の立場でかまいません。

もし家づくりの経験が無くても、両親や兄弟、親戚の家など、一度は身近で見たことがあると思います。その時のことをイメージしながら読んでください。

初めての家づくりでは、何から始めてよいのかわからず、誰でも不安なものです。

・「予算はどれくらいかかるの?」
・「どこに頼めばいいの?」
・「どんな手続きが必要なのか?」
・「期間はどれくらいかかるのか?」
・「どんな税金があるのか?」

など、初心者にとっては、知らないことばかりです。

家は一生に一度の買い物かもしれないので、慎重になります。

これは理想論ですが、私なら、いきなり数千万円の家を建てるより、できれば1千万円台の家を建てて、「家づくり」というものが、どんなものなのか体験(または練習)してみたいです。

1千万円台の家で、住宅を新築する流れや、それぞれの部品がどんな役割なのか理解することができます。また1千万円台の家でも、十分快適に生活することができます。

1千万円台の家でも、数千万円の家でも、流れや基本は同じです。グレードは違うかもしれませんが、トイレ、キッチン、バスは、どの家にもあります。

そして実際に住んでみて、ついでにリフォームも体験してみたいです。

どんなに良いと思った家でも、住んでいると、どこかに不満が出るそうです。

不満が出やすい箇所というのは、最初からよく考えたほうがよい部分だと言えるので、新築一戸建てを建築する時の参考になります。

そして二軒目で、お金をかけて家を作れたら最高です。そのほうが失敗が少ないと思います。

二軒目は要領が掴めているため、きっと簡単に思えることでしょう。

どんな分野でも、「次はもっと上手くやれる」と、誰でも思いますよね(笑)

しかし、現実の世界では、練習で家を建てるほどの余裕は、まずありません。お金の面で、ほとんどの人は不可能です。

でもプログラミングの世界では可能です。

特にプログラミング初心者が、自分で使うシステムを自作する場合などは、簡単にできます。

無料で提供されている開発ツールを使えば、時間以外のコストは、限りなくゼロに近いです。

私のプログラミング講座の主旨は、ちょうど1千万円台の家を、練習で建てるのと、考え方が似ています。

「一度経験してから、数千万円の家を建てても遅くはない」という考え方です。

しかもコストは0円です。

0円で納得できるまで試行錯誤することができるのが、プログラミングの良いところです。リフォームにあたるカスタマイズも体験できます。

プログラミングの学習が、家づくりと違うのは、自分でシステムを作ることが出来る点です。つまりあなたが、工務店や大工さんの立場にもなれるということです。

その点については、次回に詳しく説明します。

スポンサードリンク










プログラミング初心者入門講座TOPへ