スポンサードリンク

誰でもプログラミングで成果を出しやすい時代になった。

ここ数年で、WebサービスAPIを提供する企業が増えたり、開発キットが提供されたりと、誰でもWebサービスを利用したアプリケーションの開発が可能になりました。

そのため個人が プログラミング で成果を出しやすい環境が整ってきました。

プログラマーとして就職する道ばかりでなく、技術とアイデアがあれば、個人でもプログラムで利益を得やすい時代になってきたのです。

(1)FXや株式投資関連のWebサービスAPIなら、独自にシステムトレードソフトを開発し、取引することが可能です。

WebサービスAPIで、オリジナルのシステムトレードソフトを開発する方法。


(2)ネットショップのWebサービスAPIを使えば、オリジナルのネットショップを構築して、報酬を得ることができます。

例えば楽天ウェブサービスAPIを使えば、以下のようなネットショップが簡単に作れます。
http://ws.bzen.net/rakutengolf/

詳しくは 楽天ウェブサービス初心者入門講座 をご覧ください。

楽天市場本体は多くのユーザーを対象としているため、どうしても平均的なサイトになります。ユーザーの細かい要求には応えられないのです。

そこで楽天市場とは違う見せ方をすることで、これまで取り込めなかった顧客を得るチャンスになります。また楽天の膨大な商品データを活用できるメリットは大きいです。


(3)今注目されている iPhone や iPod touch 向けにオリジナルアプリケーションを作成できる、iPhone SDKという開発ツールが提供されています。

iPhoneデベロッパプログラム

このツールで開発したアプリケーションは、App Store経由で、販売したり無料配布することができます。

iPhoneを利用している世界中のユーザーを相手に、個人が作ったプログラムを提供できる環境が既に整っているということは、とても凄いことです。


【ワンポイント】
WebサービスAPI一覧 で現在提供されているAPIを調べることができます。

WebサービスAPIを利用するための基本はほとんど同じなので、以下の二つの講座を行なった後なら、大体応用できるようになっていると思います。

Ajax初心者入門講座
楽天ウェブサービス初心者入門講座

スポンサードリンク










プログラミング初心者入門講座TOPへ