スポンサードリンク

プログラミングでは、目に見えない部分も分けることが重要。

プログラミング を行なう時は、目に見えない部分の処理をどう考えるかが、とても重要です。

前回は問題を分けて考えることの重要性について説明しましたが、分けるという作業は、「目に見える表面的な部分」と、「目に見えない隠れた部分」があります。

前回のように、システムの画面をイメージしながら分けるのは、目に見える部分です。目に見える部分を分けることは直感的にできるし、初心者でも理解しやすいと思います

しかしプログラミングでは、目に見えない部分も分ける必要があります。この作業ができるようになると、かなり上達します。

例えば商品を表示する部分をさらに分けると、以下のような手順になります。

送信するデータを組み立てる

Webサービスにリクエストを送る

返ってきたデータを解析する

HTMLに組み立てる

画面に表示する

このような処理は、画面イメージからは分かり難い部分です。

何とかなりそうな部分と、まったく検討も付かない部分があると思います。難しそうな部分はもっと細かく分けていきます。同時に必要な技術は本で調べます。

どんどん細かくしていくと、「何とかプログラムできそうだな」と思える大きさになります。あとはプログラミング言語の文法に従って記述するだけです。

プログラミングに慣れてくると、画面イメージから目に見えない部分の処理を大体予想できるようになります。

「この部分は○○でできそうだな」とか「△△と□□のどれがいいかな」という感じです。

表面だけではなく、隠れた部分を考える習慣を付けましょう。

スポンサードリンク










プログラミング初心者入門講座TOPへ