スポンサードリンク

プログラミングブームを作り出す。

プログラミングを誰でも出来るようになり、プログラミングブームが来ることを願っています。

みんながプログラミングできるようになれば、自分で使うちょっとしたシステムは、自作できるようになります。

これって実は凄いことなんです。

仕事の効率が大きく変わるので、世の中を大きく変えることができるかも知れません。

最低でも職場に1人、プログラミングが出来る人がいると、仕事の効率が大幅に改善されます。

以下は、話が少しずれますが、プログラミングとも関係することです。

今、大人の数学ブームが続いているようです。

NHKのクローズアップ現代という番組で、特集をしていました。

大人がハマる“数学ブーム”の謎

数学に関する本のベストセラーが、何冊も出ているとか。

そして社会人向けの数学講座が、キャンセル待ちが出るほどの人気らしいです。

なぜ大人が数学にはまるのでしょうか?

学生時代には、苦手だったという人が多いはずなのに・・・

大人になってからの数学の魅力は、

・学生時代には挫折したが、もう一度挑戦したい。
・論理を積み上げて、問題を解く体験をしたい。
・数学の閃きの秘密を知りたい。
・数学の考え方を、ビジネスの問題解決に活かしたい。

といったようなことだと思います。

数学や物理は、自然と対話するための言語のようなものです。

これらの事って、何だかプログラミングに共通する部分がある、ズバリ似ていると思いませんか?

プログラミングも、一度は挫折したが、もう一度挑戦してみたいという人が多いです。

学校で習ったり、独学だったり、挫折の経験は様々ですが。

またプログラミングにも、アルゴリズムという、問題解決の手法があり、命令を組み立てて結果を出します。

アルゴリズムは、先人達の知恵の結晶です。

プログラミングにも、閃き(ひらめき)は必要です。

これまで悩んでいた処理を、ふとした瞬間に思い付くことがあります。

そんな時には快感です。

「やったー!」と嬉しくなります。「天才かも」と自己満足したりして。

それに何と言っても、プログラミングは、ビジネスによく効きます。

例えば、プログラミングして業務システムを開発し、ビジネスに利用するのはもちろん、

プログラミングの考え方を、ビジネスの問題解決に活かすことも可能です。

プログラミングの思考や過程には、問題解決のヒントが満載です。

プログラムは、コンピューターと会話するための言語です。

そこで私は、プログラミングを世の中にもっと広めるため、当サイトのような無料講座をたくさん公開しています。

かつてパソコンの普及で、ワープロや表計算を使える人が、たくさん増えました。

今度はプログラミングが出来る人が、たくさん増えることを願っています。

みんなでプログラミングブームを作り出しましょう。

あなたが社会人なら職場のみんなと、学生なら友達と一緒に、これからプログラミングを学んでみませんか?

スポンサードリンク










プログラミング初心者入門講座TOPへ