スポンサードリンク



プログラミングに昼寝が効果的な理由とは?

プログラミングの学習や、プログラマーとしての仕事の効率アップには、睡眠が大事です。

夜の十分な睡眠はもちろん、昼寝もプログラミングの学習、上達に効果があります。

よく言われている睡眠の効果には、
・成長する
・記憶を整理する
・記憶や経験を定着させる
・閃き(ひらめき)の促進
・集中力アップ
などがあります。

よく考えると、これらってプログラミングの学習にも必要なことですよね?

何と言っても、人間は寝ないと、成長できません。

寝ている間には、記憶が整理されます。

また、プログラミング言語の習得や、システム開発の経験は、定着が大事です。

プログラミングでは、ひらめきが必要な場面もあります。
アルゴリズムなどを考える時がそうですね。

もちろん、プログラミングには、集中力も必要です。
一文字でも間違えると、バグになり、プログラムがちゃんと動きませんから。

最近は、昼寝を取り入れて、
・業績がアップした会社
・東大合格者数が増加した高校
もあるそうです。

もう睡眠は、仕事や学習に必要不可欠な要素なのです。

昼寝、仮眠といっても、完全に寝れなくても大丈夫です。

半分くらい夢のような状態でも、効果があるそうです。

昼寝の時間は、15分~30分くらい。
長すぎてもよくありません。夜の睡眠とのバランスが崩れますから。

したがって、昼寝をすると、午後の仕事や学習の効率アップ間違いなしです!

プログラミングの学習や、プログラマーとしての仕事効率アップに、ぜひ取り入れてみてください。

経営者や学校の先生が、睡眠の効果に、理解があれば良いのですが・・・

普通は、お昼休みを工夫して、時間を確保することになるでしょうね。

もし私が社長なら、最優先で、就業時間内に、仕事の一部として、昼寝を取り入れるんですけどね(笑)

スポンサードリンク










プログラミング初心者入門講座TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。